きゅうみんまえアデニウム

アデニウム不明種(Adenium sp.)。2017冬頃に購入したもので、3鉢を管理している。前回(記事:さんきょうだいアデニウム)より約2年3か月振りの登場。

葉が茂っていて上から撮っても分かりにくいが、3本に枝分かれしているようだ。剪定はしていないので、休眠時に生長点を傷めたのかもしれない。

2鉢目。隣のユーフォで見えにくい。

こちらも剪定していないが、3-4本に枝分かれしている。

3鉢目。これは横から撮影。主幹?が枝分かれせずにひょろりと伸びている。今夏開花した株(記事:はえかわり墨鉾)。

1本の主幹にの根元にたくさんの新枝が出ている。

左から1~3鉢目。幹の様子。前回一番頼りなかった3鉢目が、2鉢目に追いついたように見える。

1~2鉢目は夏型を集めたカゴの2列目で管理。

3鉢目はもう1つの夏型カゴの2列目。最前列でもよいのかもしれないが、葉を展開して影を作るので、やむを得ず背の低い品種の後ろに置いている。

夏の間、胴が柔らかくなる蝦サボテン。腐らせたかと少し焦るが、こういうもののようだ。特に紫太陽(Echinocereus rigidissimus var. rubrispinus)は、皮がたるんで若干みっともない。

白花紫太陽も同様にたるんでいる。不思議な性質である。

色違いで面白かったので、頂点を並べて載せておく。

南側1F、夏型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

葉が黄色くなり始めたものから水遣りを減らしていく。3株目などは既に葉が黄変し始めている。無事休眠に移行できればよいのだが。その調子、がんばれアデニウム!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

ひょろひょろオンコクラータ

ユーフォルビア・オンコクラータ(Euphorbia oncoclada)。E. leucodendron ssp. oncocladaとも。前回(記事:だいしっぱいオンコクラーダ)より約2年1か月振り3回目の登場。前回3鉢に分けたうち、1鉢はサボ友に譲渡。2鉢が残っている。1鉢目は切り戻した下部分。

2鉢目は頭部分。どちらも枝ぶりにはあまり変わりはない。

生長期にはごく小さい葉をつける。

切り戻すと少し枯れこんでから側枝が出たり(写真手前)、枝が出ずに枯れ込んだりする(写真奥)。分枝旺盛なので、あまり気にしなくてもよさそう。

当初は強剪定を繰り返して低木状に・・・などと考えていたが、うねうねひょろひょろと枝を茂らせるもののようで、盆栽のようには仕立てられないようだ。自生地の写真を見るに、長い年月を経て幹が太くなれば木のように管理することもできるかもしれないが、栽培下では現実的ではない。どうしたものか。

原種シクラメンが続々とシーズンインしている。我が家で一番早起きのヘデリ(Cyclamen hederifolium)が満開となった。今年は株の充実を優先させ、結実させないようにクルクルはすべて摘んでいる。

コウム(C. coum)は葉が見えてきた。フローラルトランクが枯れていたようで、脇から新芽が出てきた。フローラルトランクがにょきりと不格好だったのでそのうち折りたいなと思っていたところなので、丁度良かったかもしれない。

実生のミラビレ(C. mirabile)。

実生のコウム・シルバーリーフ。実生はいずれも強光が当たらない位置で管理。

南側1F、夏型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

今週の寒気で今期の生長は終わりと思われる。休眠までに1-2度、ペンタガーデンでドーピングしておきたい。その調子、がんばれオンコクラータ!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

みしょうの士童

フライレア・士童(Frailea castanea)。2018年7月に種を播いたもの(記事:こぶく姫笹の雪)。

1度パッド植え(記事:たまごがたオベサ梵天)した後、2020年秋辺りにまとめてプレステラ90に植えたように思う。

右上には何も植わっていないように見えるが、用土を退けてみると球体が埋まっている。計14株。埋まっていても徒長しないようだ。陽が当たっているようには見えないのだが、不思議である。

一番大きいもので径2cm弱程度。比較的生長の早いフライレアでも、私の腕では亀の歩み。

一番小さいもので径0.5cm程度。ダニに齧られたかそれとも焼けたのか、白い薄皮状になっていた。悪くなった表皮を破って新しい肌が見えてきている。生長のよいものを選抜すべきなのかもしれないが、貧乏性で生き残ったものはすべて残している。

実生苗の為、日照が控えめなアロエエリアに置いている。

コノがパラパラと咲き続けている。ルイザエ(Conophytum luisae)。小粒の割に花が大きい。

桜貝(C. ‘Sakuragai’)。足袋型の普及種。丈夫だが小粒系ほどは殖えない。

南側1F、夏型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

今週末には遮光率を下げて寒冷紗1枚としたい。急に寒くなってきたので寒風除けも急がねばならない。その調子、がんばれ士童!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

にせものデルトイデオドンタ・ホワイトフォーム

アロエ・デルトイデオドンタ(Aloe deltoideodontha)のホワイトフォーム。いまいちデルトイぽくない、怪しい奴。前回(記事:あやしいデルトイデオドンタ・ホワイトフォーム)より約1年7か月振りの登場。

前回はまだ子株外したてといった姿であった。1年半以上が経ち、概ね特徴が出てきたように思う。

購入の時点でラウイ系だろうなとは思っていたのだが、手元で見るとより分かりやすい。一応ラベル通りに管理し、今後も観察していきたい。

新入りアロエ達。ブラックエンペラー(A. ‘Black emperor’)もここに置くことに。

昨日に引き続き、第二栽培場より。アガベ・ブロメリアは概ね好調だが、残暑でディッキアを水切れさせてしまった。葉は不健康な赤色で、下葉も少し枯らしてしまった。1シーズンの生長がゼロに戻った訳ではないが、せっかくの好調が台無しである。

これも色褪せた白緑色になっている。

分かりやすく内巻きになっている。下葉は潅水で戻るか戻らないか、瀬戸際のライン。真夏はもちろん、この時期も南側でよく陽に当たるならば、1回/5日は潅水した方が無難。

南側1F、夏型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

ラベルは誤りのようだが、比較観察を続けたい。そのうちドリアン系とも見比べたいところ。がんばれデルトイ・ホワイトフォーム!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

うぶげのトナカイ角

ユーフォルビア・トナカイ角(Euphorbia stenoclada)。和名は銀角珊瑚。ただ基本種(~ ssp. stenoclada)と草姿が異なり、咲くやこの花館にある鹿角珊瑚(~ ssp. ambatofinandranae)ではないかと考えている(記事:ありのすプラティレア)。一応基本種として管理。前回(記事:きりもどしトナカイ角)より約2年3か月振り3回目の登場。

上からの写真は、細枝系のユーフォだとよく分からない絵面になるので割愛。前回切り戻しの際に頭を2本挿し木したうちの片方。他方は近所のサボタニ友達に譲渡した。

切り戻した下部分が3本植わっている鉢。何が何だかよく分からないことになっている。というのも、本種は切り口付近から新枝を出すとは限らないようで、我が家では非常に不自然な位置から出てきてしまった(記事:くさもち翠冠玉)。切り詰めながら低木のような感じで仕立てていこうという目論見は、早くも崩れ去っている。どうしたものか・・・。

背丈が伸びる夏型をまとめて置いている。ハナキリンやオンコクラータで鬱蒼としてきた。

本種は生長期にトナカイの袋角のように産毛が生える。ユニークである。

花は地味ながらなかなか面白い姿(記事:ごきげんクリーム子宝)で、咲き終わると茶色い花柄が残る。

日照や潅水管理に難儀している第二栽培場だが、アガベとブロメリアは比較的好調。春に子を3つ外した王妃雷神(Agave potatorum ‘Ouhi Raijin’)。プレステラ105一杯になった。生長点付近にまた子が出てきている。もう少し下葉の方に出してくれると外しやすいのだが・・・。

外した3つの子もプレステラ90一杯に育っている。こちらも子がいくつか出ている。

モンタナ(A. montana)。6月(記事:ぎざぎざモンタナ)から比べると随分と本種らしい草姿になった。

南側1F、夏型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

本種は幹が木質化した姿が非常に格好良い。切り詰めながらそれが達成できればよいのだが。少し工夫がいりそう。もうしばらくは上に伸ばす。その調子、がんばれトナカイ角!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

ふちどりサムライドワーフ

サンセベリア・サムライドワーフ(Sansevieria ehrenbergii ‘Samurai dwarf’)。前回(記事:はるまちサムライドワーフ)より約1年9か月振りの登場。

いつぞや見切り品を購入したもの。一緒に購入した断崖の女王5株は、2株を今年の休眠明けに枯らしてしまった。新葉を南側の強光で焼いてしまい、持ち直すことなく芋が萎んでしまった。また前回記事に載せていたアリ植物も、冬の潅水管理を誤ったのか芋が萎んでしまった。過去記事を読み返すのは勉強になるが、今は亡き植物を思い出して少し落ち込むこともある。

幸いにも本種は生き残り、葉数が倍ほどになった。ややシワは残っているものの、概ねふっくらとしている。葉縁の赤白が格好良い奴。

夏型エリアの端で管理。今冬はこの辺りの夏型を室内に入れることができない可能性がある。いくら南側でも屋外で越冬できるとは考え難く、今から非常に悩ましい。

朝晩の気温が下がってきて冬型球根の芽出しシーズン。最初の発芽はビリデフローラ(Lachenalia viridiflora)。このポットのものは譲渡用に小球を植えておいたもの。

メインの大鉢はまだ発芽の気配はない。

以前、あまりにシワシワで生死を危ぶまれたウンビリクス(記事:ふっかつエリナケア)。掘り起こした際には、径2cm程度、厚みは1.5cmにも満たない薄っぺらいものだった。期待せずに埋めていたところ、何とシワシワ球根から白い根が出てきた。潅水してみたところ乾物の如く膨らんできた。

思ったより上から根が出ている。植え付け方向を誤ったか?地上部の根が増えるようなら土を被せよう。

南側1F、春秋型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

我が家のサンセはいずれも強健だが、シワ無く綺麗に管理するのは意外と難しい。もう少し水持ちのよい用土でもよいのかもしれない。次回植え替えでは少し培養土を混ぜてみたい。その調子、がんばれサムライドワーフ!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

うちまきデルトイデオドンタ

東側に置いていた夏型や一部サボ達をすべて南側に移動させた。午後からの陽がしっかり当たる方角なので、遮光強めで管理している。10月下旬に遮光を弱め、11月上旬に西側のみとしたい。上手く移行できるとよいが。東側には実生苗や芽出し前の球根類を置いている。

———————————————————

アロエ・デルトイデオドンタ(Aloe deltoideodontha)。ホワイトフォームのラベルで購入したもの(記事:あやしいデルトイデオドンタ・ホワイトフォーム)よりは本物っぽい。

葉先がやや内巻きで、薄目の幅広葉が本種らしい。旋回せず三方に葉を出し続けてくれれば面白いのだが、既にやや回り始めているので望み薄か。

結節はぶつぶつしておらず、つるりとした表皮にドット模様が入る。

比較的新しく購入したアロエをまとめて置いてある。

残暑厳しく昼間は連日30度近いが、コノフィツムの開花シーズンが始まっている。水玉(Conophitum ’Mizutama’)。小粒の割に花が大きく花の中心までしっかり紫なのが良い。

聖園(C. ‘Seien’)。我が家では貴重な橙花。

宝殿(C. ‘Houden’)。球体の割に花がやや小ぶり。可愛らしい。

南側1F、春秋型管理。潅水は概ね1回/週。直射は8-14時くらい、遮光50%程度。

もうしばらく寒暖の差が激しい日が続くので、アロエ生長シーズンが続きそう。その調子、がんばれデルトイデオドンタ!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

にょろにょろ九輪塔

ハオルチア・九輪塔(Haworthia reinwardtii var. chalwinii)。現在、reinwardtii系はハオルチオプシス(Haworthiopsis;英wiki)属らしいが、馴染みが無いのでハオ表記のままとする。前回(記事:つみあがる九輪塔)より約1年9か月振り4回目の登場。

初回~4回目までの比較を載せておく。3回目まで直立していた塔が、4回目倒伏していることがよく分かる。

にょろにょろ伸びて這うもののようだ。

短葉と密なドットが魅力的な奴。黒褐色の葉色が基本だが、オンシーズンには生長点付近に緑が戻って抹茶色になる。

ハオやアロエ、ガステリアを集めたエリアの2列目で管理。今のところ葉焼けは無い。

今秋は家人の希望で青花が咲くものをいくつか播種している(記事:ぶんれつ大福丸)。徐々に本葉が見えてきた。青花のニゲラ(Nigella damascena)。本葉が2-3枚で定植するらしい。まだもう少しかかりそう。

ヘリオフィラ(Heliophila coronopifolia)。本葉3-4枚で定植するらしい。細葉でよく分からないが、生長が早くそろそろ移植先を準備した方がよさそう。

矢車菊のブルーボーイ(Centaurea ‘Blue boy’?)。発芽も生長も優秀。本葉が4~8枚で定植するらしい。本種もそろそろ準備した方がよさそう。

ワスレナグサ。本葉3-4枚で定植らしい。本種もそろそろ準備が必要。

球根は例年水切れさせることが多い為、素焼き鉢ごと埋めて管理を安定を試みる。ムスカリの6号鉢と他3種(記事:わいんいろレッドデビル)を埋めた。

南側1F、春秋型管理。潅水は概ね1回/週。直射は7-12時くらい、遮光50%程度。

自立せずにょろにょろ伸びていくのが自然な姿かと思うが、栽培下ではやや扱いにくい。吊るか切るか、悩ましいところ。その調子、がんばれ九輪塔!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

たんしょくバッテリー

ギムノカリキウム・バッテリー(Gymnocalycium vatteri)。和名は春秋の壺。前回(記事:しろはなバッテリー)より約2年4か月振り3回目の登場。初回に4株植えだったものが、今秋すべて単植となった。

上が最も大きな1鉢目。下は次点の2鉢目。ここまでは昨秋辺りに単植したもの。

3鉢目。以下2鉢は今秋に単植したもの。2株が接していた右手前部分はやや変色して凹んでいる。いずれ丸く戻ってくれると思う。

最も小さい4鉢目。この鉢の真ん前が竜神木(Myrtillocactus geometrizans)で撮影が難しく、横から撮っている。

上からの写真は4枚まとめて掲載。こうしてみると1-2鉢目はほぼサイズが同じになったようだ。

決して私の管理が上手かったわけではないが、いずれも生き残り単植できたのは嬉しい。

ギムノが多くあるエリアで管理。夏場は午後から明るい日陰になっていたが、丁度良かったらしい。冬場は日照時間がむしろ増して西日も当たる為、注意が必要。

第二栽培場で目を引くサングロウ(Dyckia ‘Sun grow’)。親株の斑入りがイマイチとの話(記事:ぶんかつサングロウ)をしていたが、ここ最近はきれいな曙斑になっている。季節斑の側面もあるのだろうか。

子株も綺麗な曙斑。急な吸水で葉が割れたりしているが、生長が早いのでそれくらいしっかり潅水した方がよい。

南側1F、春秋型管理。潅水は概ね1回/週。直射は7-12時くらい、遮光50%程度。

他ギムノに比し、ハダニも齧らないし葉焼けもしないし、非常に強健。ありがたいかぎり。その調子、がんばれバッテリー!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!

みごろの竜の爪

季節の変わり目で体調を崩しがち。いつもより更に不定期更新になること、ご容赦ください。

————————————-

ハオルチア・竜の爪(Haworthia margaritifera)。南ア・西ケープ州のウースター(Worcester)~ボニーベール(Bonnievale)近郊に自生するらしい。前回(記事:ちくちく竜の爪)より約2年9か月振り3回目の登場。

2つあるうちの1鉢目。前回から2年半以上も経ち、随分大きくなった。最前列ということもあり、直射で若干焼け気味。

2鉢目。プミラのシノニムともされるらしく、前回の小苗の時はまあ分からんでもない、といった草姿であった。ただ生長したこの姿を見ると別種だということがよく分かる。

こちらは上手く遮光されていたのか、焼けは見られない。

南側の最前列は日照時間が長くぎゅっと締まった形に生長する。一方で、前面をすべて遮光ネットで覆う訳にもいかず、位置によっては一部西日が当たってしまう。

ただ3列目以降辺りは、夏場の日照はむしろ短く、いわゆる明るい日陰の時間が多い。ハオやアロエはそれがよかったようで、全体的に綺麗に育っている。ただガステリアはもう少し強光の方が葉に厚みが出そうな気もする。

秋めいてきてハオの生長点に緑が戻っている。特にオブ系は大変瑞々しく、思わず見入ってしまう。トルンカータ(Haworthia cooperi var. truncata)。子株がもりもり出てボール状になっている。

特大グリーンレンズ(H. obtusa ‘Tokudai green lens’)。

オブチョコ(H. ‘Obu-choco’)。パキっとした葉型がお気に入りの品種。

ミラーボール(H. ‘Mirrorball’)。この葉模様でコンパクトな草姿。さすが人気種。

南側1F、春秋型管理。潅水は概ね1回/週。直射は7-12時くらい、遮光50%程度。

プレステラ90では今が丁度見頃のサイズであろう。特に2鉢目は子株も含めて非常に整った草姿。格好良い時に記録することができた。その調子、がんばれ竜の爪!

—————————————–

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたします!